R3 夕涼み会 その3

行事2021年07月24日

 

夕涼み会第二部。

室内に入ってからしばし休息。

水分を摂ったり熱くなった体を一旦エアコンで冷やしてから次のお楽しみの準備を始めます。

第二部は部屋とホールを使った夕涼み会。

まずは首から下げるチケットを配りました。

そのチケットを持ってホールへ行くと・・・

そこはゲームコーナーになっています。

ピコピコハンマーで出てくるものを叩いて叩いて大騒ぎ!

急に早く飛び出したりするので子ども達大喜びです。

こちらは的投げ。

穴に向かって・・「えい!!」

穴に入ったり入らなかったりしましたが、チケットがなくなった後も

また並んで何度も楽しんでいる子もいましたよ。

ベランダではヨーヨーつり。

「どれにしようかなあ」そうやって選ぶのが楽しい子ども達。

「赤にしたよ!」「黒もあった!」

お気に入りを取った子ども達が部屋に次々戻ってきました。

部屋では

お祭りごっこが賑やかに開催。

夜店や盆踊り・・そして「うちわ作り」にも挑戦してみました。

好きな場所にシールを貼ったり、絵を描いたり

大きい人達はじっくりこだわって制作している子もいましたよ。

同じものが1つとしてない自分だけのうちわ。

ぜひお家でも大事に使って下さいね。

 

さて、今日のお昼ご飯は・・・

くまのお弁当箱に入ったスペシャルメニューにりんごジュース。

大好きなものが詰まっていて興奮のままのお昼となりました。

特別って・・楽しいよね☆

 

 

今年も平日に、そして年長の保護者の方だけの参加で開催させていただいた夕涼み会。

連日の雨で思うような準備や練習が出来ませんでしたが

今年の子ども達のまとまりや意欲をとても頼もしく感じられる日々でした。

土曜日の夕方、みなさんと飲食しながら時間を過ごす夕涼み会が

今後開催されるようになるかはわかりませんが

これからもこうやって1つ1つの行事を子ども達の気持ちを第一に考えて

取りくんで行きたいと思います。

 

本当に5歳児の保護者の皆さん

暑い中の参加ありがとうございました♪

 

 

 

R3 夕涼み会 その2

行事2021年07月24日

夕涼み会当日

午前中だと言うのにとにかくすごい日差しに暑さ!!

3年ぶり、晴れての開催はとても嬉しかったのですがこの暑さでは

子ども達(大人もですが・・)バテてしまうかな?

保護者のみなさんも汗だくになってしまうな・・

と、諸々心配事はありましたが

開始時刻9時半・・予定通りのスタートとなりました。

まずは

空さんたちによる「オープニング」のわらべうた。

・げっくりかっくり ・やなぎのしたには ・おちゃをのみに ・キャーロノメダマ

 

実は・・・連日の雨続きで外で練習する事が1度も出来ず

戸外ではぶっつけ本番だったんです。

「今年の年長さんたちならきっと大丈夫!!」

ホールでの練習を見ていてそう思った私たちは子ども達を信じてみる事にしました。

緊張もあったと思いますし、歌の長さでテンポがズレてしまったところもありましたが

さすが!空さん!!!と拍手を送ってあげたい出来でしたね。

幕の裏に戻ってきた時の誇らしい表情、皆さんに見せてあげたかったなあ。

 

さあ!オープニングの元気な声で景気づいた後は「その1」でご紹介した

子ども達渾身の作品である「お神輿」をクラスみんなで担ぎます。

♪わっしょい わっしょい♪

5歳児が棒を担ぎ 小さい人たちが神輿に繋がった綱を持って歩きました。

園庭を2周しましたが、疲れてくるとどんどん下に下がってしまいます。

そこをみんなの「わっしょい!」の掛け声でもうひと踏ん張りして歩きましたよ。

 

お神輿のあとは

これまた子ども達が待ちに待った「盆踊り」

今年は雨の合間を見てたったの1度だけ外に出てみんなで踊りましたが

後はクラスの少人数で踊っていました。

踊る事が大好きな子ども達。

歌詞を覚えてしまった子もいて元気な掛け声も響きましたね。

やっぱりみんなで踊ると楽しい!!

 

2回目は5歳児の保護者の皆さんにも参加していただきました。

暑い中本当にありがとうございました☆

お父さん、お母さんの踊る姿をちらちら気にしながら一緒に踊る嬉しさを

子ども達の表情から感じましたよ。

 

沢山踊った後は・・水分補給をしてから

大人の出し物をみんなで楽しみました。

今年の演目は「おむすびころりん」

子ども達のまっすぐな目で楽しむ気持ちがひしひし伝わってきて

練習よりも大人たち、少し張り切ってしまいました。

 

さあここで第一部終了。保護者の方々の参加はここまで。

けれど子ども達のお楽しみはまだまだ続きます。

それはまた・・・その3で。

 

 

R3 夕涼み会 その1

行事2021年07月21日

昨年は残念ながら雨の中の「夕涼み会」でしたが今年は梅雨明けしたその日

3年ぶりのお天気に恵まれ(カンカン照りで暑すぎましたが・・)無事開催する事が出来ました。

今年度も5歳児空グループの保護者のみの参加とさせていただきましたが

暑い中多くの方に参加していただき大変ありがたく思っています。

本来なら他の保護者の方々にも見て、参加していただきたかった場面が沢山・・

ほんの少しですがここでご紹介して行きたいと思います。

毎年、「そろそろ夕涼み会の準備だね」の時期になるとまず1番最初にするのはお神輿づくり。

土台となる大きなカゴが3種類あり毎年順番に回ってきます。

まずはそのかごの形、重さ、材質などを観察。

こんな風に中に入ってみたり持ち上げてみたりして雰囲気を感じたり、

お神輿のイメージを頭に浮かべたりしていきます。

その後5歳児が集まって相談開始!

自分は「こんな風に作りたい」という意見をそれぞれが発言します。

真似っこではなく「自分はどうしたいか」が大切です。

友だちの意見を聞いて「あ~それいいね!」と取り入れたり

「え~もっとこうしようよ」と反対意見が出たりしますが、それも話し合い。

出来るだけ子ども達の力で方向性が決まるように大人はなるべく口出しせずに見守るようにしました。

話し合いの後はそれぞれのイメージを絵に描いてみるクラスもありました。

言葉で言い合っていた事を絵で表現するのはなかなか難しい事。

でもその事でみんながお神輿をどうやって作って行きたいのかがわかりやすくなります。

 

今年の5歳児はここの段階でのイメージが共有し合えているクラスが多かったのが特徴。

だからいつも以上に方向性がはっきりして進めやすかったんですよ。

 

実際に作り始めるとより一層「もっとこうしたい!!」というイメージがわいてきます。

色や形、装飾など本当に楽しいアイディアが子ども達の中から出てくるのでそれを

どうやってお神輿に近づけていくか・・大人もこの段階では一緒に悩んで考えるのですが、

それはとっても楽しい時間なんです。

やりたい事があふれすぎて「完成するのかな・・」

「これ以上作ったら重すぎて持てなくなるんじゃ・・」と心配する程だったんですよ。

5歳児がだいぶ進めて行くと3~4歳児も「やりたい~!」と参加。

「どの部分だったら小さい人たちも出来るかな?」と大きい人たちが考えてくれていました。

 

本番3日前にはなんとか無事に完成!!!!

かりん組 「てんとうむし」

ふじ組 「しましまくんの夏」

           さくら組 「ミンミンカラフルゼミ」

 

5歳児が中心になって相談するところからはじまったお神輿づくり。

そのお神輿をどのように担いだのかは・・・

その2に続きます☆

 

 

 

 

いも掘り行ってきました!

行事2020年10月21日

先日の「あそびのひろば」は残念ながら雨で中止に・・・。

「いも掘りは絶対行きたい!!」と言っていた子どもたちの気持ちが

空に通じたのかとってもいい天気の中毎年お世話になっている指田さんの畑に

みんなで歩いて行ってきました。

今年は散歩もほとんど行かれていないのでみんなの歩き方や

道路を歩く時のマナーについて心配もありましたが

大きい人たちの力も借りて3歳児も歩き通しました。

畑に到着すると早速指田さんがサツマイモの掘り方を教えてくれました。

今年は大きいものが多いとの事。

「掘り残しがないようにね!」


クラスごと畑に入って・・・さあ掘りはじめよう!!

今年は土も柔らかくとっても掘りやすい状態だったので

子ども達もどんどんサツマイモを見つけて行きます。

「あった!!」「でも・・抜けない!!」

サツマイモの周りの土をせっせと掘っては引っ張ってみます。

大きいものはホントに大変でしたが

「手伝おうか?」と聞いても

「いい!自分でやる!!」とたくましい声も聞かれましたよ。

こんな大きなサツマイモを手にする事やそれを自分で掘る経験、なかなか

ないですよね。


子どもたちひとりひとりの真剣な様子

そしてその後の「掘れた!!」の笑顔・・・。

みんなで掘ったサツマイモがみんなのいい思い出になって

くれたらとっても嬉しいです。

 

晩御飯に「サツマイモ料理」作ってあげましたか?

少し干した方が甘くなる・・と言いますが

そんな事よりまずはすぐ食べてみましょう。

その日の経験を聞いてあげながら

頑張って掘ったサツマイモを家族みんなで食べる・・・

そういう繋がりがきっと子どもの育ちには必要なのだと

思いますよ。

今年のサツマイモの味は・・どうでしたか??

 

 

 

 

 

心に残る・・夕涼み会 その3

行事2020年07月30日

ホールでの夕涼み会第1部を終えた子どもたちは一旦自分のクラスに戻り

次のお楽しみの準備を始めました。

3クラスがふじ組さくら組にわかれてのおまつりごっこです。

部屋でかけている盆踊りの曲に合わせて太鼓を叩く子や
たこ焼き屋さんなどの夜店もOPEN
クラスも年齢もごちゃまぜで楽しんでいました。

事前に「フルーツ飴」や「わたあめ」「チョコバナナ」などを作って

準備している子達もいたんですよ。

(気合だけ入り使われなかったものもありましたが・・)

 

ホールでは・・・

大人たちがゲーム屋さんを開店♪

事前に子どもたちに渡してあったチケットを持っていざ!挑戦。
とっても楽しかったようでチケットを使ってしまっても「もう1回!」と並び直して挑戦する子も。

ゲームを終えるとなんと!おみやげがもらえるんです。

「キラキラ光るネックレスとシャボン玉」

大事そうに部屋に持ち帰ってきましたよ。

お家でもあそんだでしょうか。

 

ベランダでは「ヨーヨーすくい」

自分の好きな色を選んでいましたよ。
ヨーヨーも素敵なおみやげになりました。

 

部屋やホールで夕涼み会第2部で盛り上がった後は・・お昼ご飯。

今日は特別メニューでかわいい猫のお弁当箱に詰めました。

お弁当は各クラスに分かれて食べました。
いつもと違う特別は嬉しいですよね。

食べ終わったお弁当箱も大切な思い出としておみやげのひとつになりました。

 

 


「子どもたちに楽しい思い出作ってあげたい」

こんな時代にどういうカタチならそれが実現できるのか・・

話し合って考えて決めた今年の夕涼み会。

例年と違う内容になり保護者のみなさんに来ていただく事も

楽しい夜店をする事も出来ませんでしたが

子ども達の「楽しい!」やたくさんの笑顔と興奮が見られて

良かったなあと思っています。

家に帰ってから楽しい報告聞きました!と嬉しい声も届きました。

 

来年は保護者のみなさんも一緒に

園庭で賑やかに開催できますように。

 

心に残る・・夕涼み会 その2

行事2020年07月22日

夕涼み会を行うにあたって1番最初に取り組む事・・それはおみこしづくりです。

毎年各クラスが工夫を凝らして1台のおみこしを作ります。

その取り組み方、作り方はクラスによって年度によって様々です。

けれど毎年5歳児年長さんが中心になることは混合クラスの特徴でしょうか。

 

今年も各クラスで7月2週目から取り組みが始まりました。

5歳児だけ集めて相談したり、絵に描いて自分のイメージを発表したり・・

口だけならいくらでも言える事でも実際それを立体物にしていくのは

なかなか大変な作業です。

アイディアを出した5歳児と相談しながら進めて行きます。

「何色にする?」 「ここはどうする?」
「あっ!顔が出来てきたよ!」 「頭の上はどうする?」

進んでくると子ども達の「もっと~したい!!!」という積極的な気持ちが

前に出てきます。最初のイメージと変わってきても気にしません。

細かい作業も集中して行います。

カタチが見えてくると子どもたちも俄然やる気が出てきます。

ここまでで3日程度。

そろそろ飽きてくる子もいますが、小さい人たちが一緒にやり出すのが

この頃です。

個人で作ったり、みんなで協力したり・・

5~6日で各クラス完成させました!!

さくら組 「町みこし」


ふじ組 「しましまくん」

かりん組 「神社」

 

当日・・・

本当は外で大きな「わっしょい!」の掛け声で担ぎたかったのですが

あいにくの雨で残念ながらホールの中を2周しました。

「わっしょい!わっしょい!」


小さいひとたちはおみこしの後ろからおまつりの綱を引き参加です。
「わっしょい!」の大きな声が聞こえて来そうですよね。

各クラス大事に作った今年のおみこし。

みんなの声がホールに響きました!

 

夕涼み会第2部(部屋に戻ってから・・)は後日アップします。

お楽しみに♡

 

心に残る・・夕涼み会 その1

行事2020年07月21日

今年は色々なことが例年通りにいかないばかりか中止という決断も多い年度になりそう・・。

そんななかで「夕涼み会」をどうするのか職員みんなで検討し、

結果対策を取りながら開催する事にしました。

 

当日・・

あいにくの雨。外でする事を全部ホールで行うことになりました。

「浴衣や甚平で登園してきていいよ!」の声かけを保護者の皆さんにご協力いただき

ほとんどの子ども達が可愛らしい姿で登園してきてくれました。

5歳児の保護者の方々には最後の夕涼み会と子ども達の成長を見ていただきたく

会に参加していただきました。

 

9:30 夕涼み会スタート

5歳児空グループ19人のオープニングから始まります!


この日のためにわらべうたの練習をしてきました。

今年の19人はあまり緊張しないようで(笑)最初の練習からよく声が出ていたんですよ。

キラキラ棒を歩きながら叩いた事、みんなの前に立って声を出す事、良い経験になったと思います。

ちなみに・・・

カラスカズノコ

ぶーぶーぶー

ぶーちゃんのちゅんがえり

いなかのおじさん       の4曲でした。

 

続いて おみこしを担ぎました。

こちらは次回少し詳しく掲載しますね。

 

さ~て、次は子どもたちがとっても楽しみにしていた盆踊り♪

2重円の中が5歳児、外側を3~4歳児が作ります

拝島保育園定番の盆踊り曲

「うさこちゃん音頭」「月夜のぽんちゃらりん」の2曲

多くの卒園児も踊れますよね。

本当は外で大きな輪を作りたかったけれどホールでもとっても楽しそうでした。

実は部屋に戻ってからも盆踊りの曲をかけて踊っている子もいたんですよ。

 

さてさて次は・・・大人の出し物。

「劇団 拝島」は毎年思考を凝らして子どもたちに色々なお話を披露しています。

劇の準備をしている間、子ども達の前に登場したのは「やまのブー太郎くん」

質問を受けてやりとりするさまはとっても面白かったんですよ。

今年のお話は・・「田舎のネズミと都会のネズミ」

2匹のネズミのやりとりと猫やおやじさん、おかみさんとの追いかけっこを

大笑いして楽しんでいました。

子ども達の印象に残ってくれたのか、たくさん絵を描いてくれたんですよ。

 

夕涼み会第一部はここで終了。

続きは・・後日。

お楽しみに♡

 

 

 

2019年夕涼み会裏側

行事2019年07月19日

こんにちは!!はいざるです。

先日行われた「夕涼み会」の裏側をほんの少しご紹介します!!

夕涼み会では毎年5歳児空グループがオープニングでわらべうたをうたい、夕涼み会のはじまりを盛り上げます。

<練習1回目>

今年は何にしようか・・と意見を出し合ったり、「去年の空さんは~したよね。」と思い出したりしています。

なんだかんだと話し合い今年は・・・

「でんでんむし」「くまさんくまさん」「いちわのカラス」「いなかのおじさん」に決定!!!

 

決まったわらべうたで早速あそんでみました。

さすが5歳児年長さん。

2重円も2人組もとってもスムーズ。

いつものクラスを越えて楽しかったね。

 

 

 

<練習2回目>

前回決めてみんなであそんだわらべうた。さあどうやってオープニングで披露しようか・・。

 

実際に並んでバチを叩いてみたり

 

 

 

 

 

 

 

立ってみたり 座ってみたり

 

 

 

 

                    

 

 

誰とどうやって向き合う?

どうやってしぐさする?

 

 

 

 

などなど少しこまかい事を決めていきました。

あっ!!憧れのキラキラはちまきもこの日に決めたんですよ。その子らしい色を選んでいました。

 

<練習3回目>

はじめて外で行いました。外は室内よりも声を出さないと聞こえません。バチ叩きはとっても揃うのですが声の大きさはもうひといき!!

夕涼み会が近づいてきて・・ドキドキするね。

 

<夕涼み会当日>

幕の裏で5歳児しばらく待機となりました。子どもたちからドキドキわくわくが伝わってくるよう。憧れのはちまきをして・・そろそろ行くよ!!

 

「エイエイオー!!」

 

雨の中待ってくれていたたくさんの人たちを見て子どもたちびっくりしているようでした。

本番の様子は・・・みなさんご覧になったのでおわかりですよね。

少しの緊張とそれをやりとげる達成感、それを成長に繋げていけるのが5歳児。

子どもたちの小さながんばりを見せてもらったオープニングでした。

 

その他にも

5歳児は各クラスでおみこしづくりの中心になり、アイディアを出したり実際に作ったり大活躍でした。

かりん組は「レインボーロケットみこし」

ふじ組はみんなの好きな物を詰め込んだ「忍者屋敷」

さくら組は「ふねみこしさくら号」

雨続きで当日まで園庭に出て担ぐことが出来ませんでしたが、5歳児中心になってクラスみんなで作り上げました。

今年の作品・・いかがでしたか??