園庭の紹介part3(開花宣言)

園庭の紹介2022年03月26日

3月24日、ようやくつぼみが開ききれいに咲きました。

まだまだ全体的には二分咲きですが、来週には満開になるかな?

 

園庭の紹介part2(開花編)

園庭の紹介2022年03月14日

だいぶ寒さもやわらぎ暖かい日がふえてきました。
寒い時期の間、寂しかった園庭にも華やかさが戻ってきました。
砂場の横に植えてある梅の花も満開です。
白く見えますが、よく見ると薄ピンク色の花びらがとても可愛らしいです。
園庭の真ん中にあるさくらの木はまだまだつぼみですが
これからどんどんつぼみが膨らんで3月下旬から
4月上旬にかけて満開になることを心待ちにしています。
開花状況はpart3でお知らせしたいと思います。

 

 

 

拝島保育園のかわいいアイドル🐇ララちゃん秘話

その他2022年01月26日

ララちゃんプロフィール

・平成26年12月19日生まれ茨城県育ちで人間の年にすると68歳のベテランうさぎ!

・平成27年1月14日 拝島保育園にお迎えしました。

・名前は子どもたちから応募で、ラビットのラの字が入った「ララ」が選ばれました。

 

・はじめは事務所にゲージを置き、保育園に慣れるまで暮らしていたララちゃん

 自分の手をペロペロなめたり、毛づくろいをしていたり 人がゲージに近づくと

 そばに寄ってきたり…

 

・4月になると、園庭にできたマイホームへ

 はじめての夜はすこし心細そうでした。

 うさぎ用のエサのチモシーやペレットをあげても、はじめは食べず心配していましたが

 徐々に保育園に慣れていくうちに、食欲も増え人参の皮やりんごを人の手から食べられるように

 

・9月!脱走事件!!!

 園庭に穴を掘って小屋から脱走してみたり、小屋の中にある棚の上に登ってみたりと

 かなりやんちゃ娘の一面も垣間見えました。脱走事件はこの後にも何度か…懲りないララちゃん

 

・真夏の暑い時期は人間でもつらい…毛皮をまとったララちゃんには地獄!

 そんな日は室内の涼しいところで優雅にくつろいで過ごします

 反対に寒い寒い真冬には、小屋の周りに風よけをして暖をとっています。

 

2015年 1歳のララちゃん

2022年 8歳のララちゃん

 

 

 

 

乳児 わらべうたとは

あそび2021年12月28日

みんなが持っている楽器、声で歌い継がれてきたわらべうた。

乳児でどのように、わらべうたが行われているのか紹介していきます。

 

つくしぐみ

子どもをひざに乗せ弾ませながら歌う「馬はとしとし」を行っている場面です。

子どもたちは、わらべうたが大好きで歌うと

ニコニコしたり、手をたたいて喜んでくれています。

 

 

ももぐみ

わらべうた「なべなべ」を大人が歌いながら子どもたちが

身体を揺らしている場面です。

同じ言葉とリズムを繰り返すものなのでゆったりとした

テンポで穏やかな気持ちになります。

 

すみれぐみ

「もぐらどん」を行っている場面です。

つくしぐみ、ももぐみでたくさんわらべうたを経験し

すみれぐみになると、より大きな集団でわらべうたを行います。

「友達と楽しみたい」「一緒にやりたい」と思うようになり

わらべうたが始まると自然と子どもたちが集まってきます。

 

 

 

大好きな大人の優しい表情やおだやかな声は子どもの心をやわらげ安心させます。

わらべうたで遊ぶ時間は、大人と子どもの情緒的結びつきを深め、

よりよい関係になります。

子ども達のよい耳、よい心を育て、子ども達が色々な音楽に出会った時に

共感・感動し、心豊かになれるよう歌っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

R3 あそびのひろば

行事2021年10月26日

10月23日(土)「あそびのひろば」を行ないました。

拝島保育園の「あそびのひろば」は見せる事を主とせず

秋空の下親子で楽しい時間を一緒に過ごして欲しい

という思いの元、毎年自然公園をお借りして開催しています。

おととしは大型台風、昨年は雨天のため中止に。

「今年こそは!!」と強く願ったみんなの想いが届いたのかとても気持ちの良い空の下

3年ぶりに開催する事が出来ました。

見てください!この青空☼

みんな体操着で集合し、まずはクラスごとに体操をしました。

普段保育園で行なう「毎日体操」を今日はお父さん、お母さんと一緒に。

「は~い!足を後ろに引いてバランスを取ります」 「そうそう!もっと膝を伸ばして~」

お父さん、お母さんなかなか上手ですねえ。

さて、体操をして運動不足のカラダを動かした後はクラスごとにあそびました。

「家なしリス」・・道具がどんどん減っていく椅子取りゲームのようなあそび

「しっぽ取り」・・お尻につけたしっぽを取られないように逃げるあそび

ここでは大人の方々にも走っていただきました!

「頑張れ~!!」「もっと走って~!!」「お母さん!早く~!!!」

子ども達の声援、とっても可愛かったですよ。

お父さんお母さんたちも本気になってくれたので白熱しましたね。

 

「もう~疲れたああああ」そんな声もあがりましたが・・次はクラス対抗リレー☆

たたみかけるように動きますよ~。

まずは「電車リレー」

親子で電車を作って障害物を避けたり旗を回ったり・・

気が合わないとスピードが出せません。

接戦でしたがかりん組が1位でした👏

 

  お次は「おんぶリレー」

  年長さんになるとさすがにおんぶは重たくてほとんどしないのではないでしょうか。

  だからこそホントに嬉しそうな表情があちこちで見られましたね。

  お父さんお母さんはおんぶをしたままじゃんけん。勝つまでおんぶが続きます。

じゃんけんで勝ったら手をつないでダッシュ💨

じゃんけんが入るのでただ速いだけでは勝敗が決まらないこのゲーム。

走る順番を工夫したクラスもありましたが・・・1位はさくら組でした👏

 

さて沢山走ったのでしばし水分補給。

その後「あそびのひろば」恒例スタンプラリーを行いました。

今年は5か所をまわってそれぞれの場所でそれぞれの課題をこなします。

約束は・・必ず親子で一緒にゆっくりまわってくる事。

こちらは「わなげ」

大きなフープに向かって小フープを投げ入れます。

子ども達が必死にしがみつく姿が可愛らしかった「そりでGO!」

バランスを崩して子ども達のそりからの転倒が続出しましたが・・見ていてとっても面白かったです。

こちらは「マークさがし」

吊るされた自分のマークを探します。「どこにあるかな~」

「二人三脚」もしました。

けれどただの「二人三脚」ではありません。椅子の上で何をしているかと言いますと・・

なんと!我が子の顔を描いているのです☆

「え~描けない!」なんて声も聞かれましたが

どれもこれもホントにホントに可愛らしくてほっこり♡

特徴を捉えていたり、妙にかっこよくなっていたり

見ただけで誰だかすぐわかるほどの力作があったり・・

ぜひぜひお家で飾って下さいね。

そして製作も行いました。

ここで紙コップを使った「けん玉」を作っているんです。

シールを貼ってせっせと自分のオリジナルにしていきます。

今日の思い出の1つになったかな?

 

 

あれやこれやと規制の多い日々ですが

戸外で久しぶりに体を動かした保護者の方々も多かったのではないでしょうか。

忙しい毎日なかなかこんなにお子さんと向き合う機会、正直少ないのでは?

私たちも久しぶりの開催で嬉しさも楽しさも倍増でしたが

なにより子ども達のいつもと違うはしゃぎかたと笑顔がとっても印象的でした。

 

週明け月曜日

「筋肉痛になりました・・」と保護者の方々からの感想。

それだけ沢山動いて一緒に楽しんでいただけた証拠ですね。

本当に様々なご協力ありがとうございました!

 

 

R3 夕涼み会 その3

行事2021年07月24日

 

夕涼み会第二部。

室内に入ってからしばし休息。

水分を摂ったり熱くなった体を一旦エアコンで冷やしてから次のお楽しみの準備を始めます。

第二部は部屋とホールを使った夕涼み会。

まずは首から下げるチケットを配りました。

そのチケットを持ってホールへ行くと・・・

そこはゲームコーナーになっています。

ピコピコハンマーで出てくるものを叩いて叩いて大騒ぎ!

急に早く飛び出したりするので子ども達大喜びです。

こちらは的投げ。

穴に向かって・・「えい!!」

穴に入ったり入らなかったりしましたが、チケットがなくなった後も

また並んで何度も楽しんでいる子もいましたよ。

ベランダではヨーヨーつり。

「どれにしようかなあ」そうやって選ぶのが楽しい子ども達。

「赤にしたよ!」「黒もあった!」

お気に入りを取った子ども達が部屋に次々戻ってきました。

部屋では

お祭りごっこが賑やかに開催。

夜店や盆踊り・・そして「うちわ作り」にも挑戦してみました。

好きな場所にシールを貼ったり、絵を描いたり

大きい人達はじっくりこだわって制作している子もいましたよ。

同じものが1つとしてない自分だけのうちわ。

ぜひお家でも大事に使って下さいね。

 

さて、今日のお昼ご飯は・・・

くまのお弁当箱に入ったスペシャルメニューにりんごジュース。

大好きなものが詰まっていて興奮のままのお昼となりました。

特別って・・楽しいよね☆

 

 

今年も平日に、そして年長の保護者の方だけの参加で開催させていただいた夕涼み会。

連日の雨で思うような準備や練習が出来ませんでしたが

今年の子ども達のまとまりや意欲をとても頼もしく感じられる日々でした。

土曜日の夕方、みなさんと飲食しながら時間を過ごす夕涼み会が

今後開催されるようになるかはわかりませんが

これからもこうやって1つ1つの行事を子ども達の気持ちを第一に考えて

取りくんで行きたいと思います。

 

本当に5歳児の保護者の皆さん

暑い中の参加ありがとうございました♪

 

 

 

R3 夕涼み会 その2

行事2021年07月24日

夕涼み会当日

午前中だと言うのにとにかくすごい日差しに暑さ!!

3年ぶり、晴れての開催はとても嬉しかったのですがこの暑さでは

子ども達(大人もですが・・)バテてしまうかな?

保護者のみなさんも汗だくになってしまうな・・

と、諸々心配事はありましたが

開始時刻9時半・・予定通りのスタートとなりました。

まずは

空さんたちによる「オープニング」のわらべうた。

・げっくりかっくり ・やなぎのしたには ・おちゃをのみに ・キャーロノメダマ

 

実は・・・連日の雨続きで外で練習する事が1度も出来ず

戸外ではぶっつけ本番だったんです。

「今年の年長さんたちならきっと大丈夫!!」

ホールでの練習を見ていてそう思った私たちは子ども達を信じてみる事にしました。

緊張もあったと思いますし、歌の長さでテンポがズレてしまったところもありましたが

さすが!空さん!!!と拍手を送ってあげたい出来でしたね。

幕の裏に戻ってきた時の誇らしい表情、皆さんに見せてあげたかったなあ。

 

さあ!オープニングの元気な声で景気づいた後は「その1」でご紹介した

子ども達渾身の作品である「お神輿」をクラスみんなで担ぎます。

♪わっしょい わっしょい♪

5歳児が棒を担ぎ 小さい人たちが神輿に繋がった綱を持って歩きました。

園庭を2周しましたが、疲れてくるとどんどん下に下がってしまいます。

そこをみんなの「わっしょい!」の掛け声でもうひと踏ん張りして歩きましたよ。

 

お神輿のあとは

これまた子ども達が待ちに待った「盆踊り」

今年は雨の合間を見てたったの1度だけ外に出てみんなで踊りましたが

後はクラスの少人数で踊っていました。

踊る事が大好きな子ども達。

歌詞を覚えてしまった子もいて元気な掛け声も響きましたね。

やっぱりみんなで踊ると楽しい!!

 

2回目は5歳児の保護者の皆さんにも参加していただきました。

暑い中本当にありがとうございました☆

お父さん、お母さんの踊る姿をちらちら気にしながら一緒に踊る嬉しさを

子ども達の表情から感じましたよ。

 

沢山踊った後は・・水分補給をしてから

大人の出し物をみんなで楽しみました。

今年の演目は「おむすびころりん」

子ども達のまっすぐな目で楽しむ気持ちがひしひし伝わってきて

練習よりも大人たち、少し張り切ってしまいました。

 

さあここで第一部終了。保護者の方々の参加はここまで。

けれど子ども達のお楽しみはまだまだ続きます。

それはまた・・・その3で。

 

 

R3 夕涼み会 その1

行事2021年07月21日

昨年は残念ながら雨の中の「夕涼み会」でしたが今年は梅雨明けしたその日

3年ぶりのお天気に恵まれ(カンカン照りで暑すぎましたが・・)無事開催する事が出来ました。

今年度も5歳児空グループの保護者のみの参加とさせていただきましたが

暑い中多くの方に参加していただき大変ありがたく思っています。

本来なら他の保護者の方々にも見て、参加していただきたかった場面が沢山・・

ほんの少しですがここでご紹介して行きたいと思います。

毎年、「そろそろ夕涼み会の準備だね」の時期になるとまず1番最初にするのはお神輿づくり。

土台となる大きなカゴが3種類あり毎年順番に回ってきます。

まずはそのかごの形、重さ、材質などを観察。

こんな風に中に入ってみたり持ち上げてみたりして雰囲気を感じたり、

お神輿のイメージを頭に浮かべたりしていきます。

その後5歳児が集まって相談開始!

自分は「こんな風に作りたい」という意見をそれぞれが発言します。

真似っこではなく「自分はどうしたいか」が大切です。

友だちの意見を聞いて「あ~それいいね!」と取り入れたり

「え~もっとこうしようよ」と反対意見が出たりしますが、それも話し合い。

出来るだけ子ども達の力で方向性が決まるように大人はなるべく口出しせずに見守るようにしました。

話し合いの後はそれぞれのイメージを絵に描いてみるクラスもありました。

言葉で言い合っていた事を絵で表現するのはなかなか難しい事。

でもその事でみんながお神輿をどうやって作って行きたいのかがわかりやすくなります。

 

今年の5歳児はここの段階でのイメージが共有し合えているクラスが多かったのが特徴。

だからいつも以上に方向性がはっきりして進めやすかったんですよ。

 

実際に作り始めるとより一層「もっとこうしたい!!」というイメージがわいてきます。

色や形、装飾など本当に楽しいアイディアが子ども達の中から出てくるのでそれを

どうやってお神輿に近づけていくか・・大人もこの段階では一緒に悩んで考えるのですが、

それはとっても楽しい時間なんです。

やりたい事があふれすぎて「完成するのかな・・」

「これ以上作ったら重すぎて持てなくなるんじゃ・・」と心配する程だったんですよ。

5歳児がだいぶ進めて行くと3~4歳児も「やりたい~!」と参加。

「どの部分だったら小さい人たちも出来るかな?」と大きい人たちが考えてくれていました。

 

本番3日前にはなんとか無事に完成!!!!

かりん組 「てんとうむし」

ふじ組 「しましまくんの夏」

           さくら組 「ミンミンカラフルゼミ」

 

5歳児が中心になって相談するところからはじまったお神輿づくり。

そのお神輿をどのように担いだのかは・・・

その2に続きます☆

 

 

 

 

乳児のあそび

あそび2021年06月22日

 

<つくしぐみ>

自分の好きな道具を見つけ、まっしぐら!

          

          「いい音するね」「楽しいよ」とやりとりしているように
           見えて微笑ましいですね。
          
  
 〈ももぐみ〉

 

                カップにひとつずつビーズを全部入れられました。
                      最後までやり抜くことで自信や意欲に繋がっていきます。

 

                    

          ぶら下がったり、押し歩いたり、昇ったり降りたり
          繰り返していく事で自分の身体を使う練習をしています。

 

   〈すみれぐみ〉

             車掌さんになりきって電車を運行しています。
              「お出口は、右です」「ガタン ゴトン」

 

砂をすくい楽しんでいる子、作ったものを

  ご飯に見立て目的を持って作っている子と

     あそび方は様々。それぞれのあそびを大切に見守っています。

 

 

0~3歳のあそびは、練習あそびです。

子どもはあそびを通して、色々な素材、感触の道具に触れ、

布が軽い、積木は固いなどといった物の性質や扱い方を知っていきます。

子どもの自由なあそびを大人がいつも見守り、

子どもの発見や気づき嬉しい事などを見逃さずに共感していく事で

子どもの自信や意欲につながっていくため、大切にしていきたいですね。

園庭のお花たち

園庭の紹介2021年05月10日

 

知っていましたか?

拝島保育園の園庭には、幼児クラスにちなんだ木や花が植えられています。

 

園庭の中心に大きなさくらの木があり、3月の終わりごろから4月初旬まで満開です。

乳児園庭の入り口には立派なふじ棚と可愛らしいかりんの木があります。

今年もきれいに咲きました。