雪合戦
 昨日(3月4日)はものすごい雪でしたね。拝島保育園の
園庭も、一面真っ白の銀世界でした。写真の通り、梅の花
も雪化粧です。そのおかげで道路は渋滞、電車は遅れるは
で大人は大変でしたが、子どもたちは大喜び!さっそく園
庭で雪あそびをしていました。
 今年は何度か雪が降ってつもりは
するのですが、夜に降って朝には止
み、午前中には融け始めて園庭はド
ロドロということばかりでしたので、
待ちに待った雪遊びに、子どもたち
は興奮気味に遊んでいました。
 ひとしきり雪で遊んだ後は雪合戦!やっぱり雪遊びの定番は
これですね。「顔を狙うのは無しね」とみんなでルール確認
をしたら、二手に分かれて勝負開始です。
 大人も参戦!なかなか豪快なフォームですね。
大人も子どもたちと一緒に、ひさしぶりの雪を楽
しみました。
 中には自分の頭大ほどの雪玉を作る子や、思わず口に
入れてしまう子も。子どもたちには、貴重な体験でした。
 翌日にはすっかり雪化粧も取れて、いつも通りの
園庭に戻ってしまいました。たった一日の銀世界で
した。今年度はもう最後の大雪ですかね。まだまだ
寒いですが、少しずつ春が近づいてきました。
 次に雪遊びをする時は、子どもたちはもっと大き
くなっているでしょう。その時がとても楽しみです。
きっともっと大きな雪だるまができることでしょう
ね。