セカンドオピニオン
 実は私は園に勤める前は、とある小児
病院に勤めていました。そこで経験した
ことを、ちょこっとご紹介したいと思い
ます。今回は、セカンドオピニオン偏で
す。
 最近では良く聞くようになりましたが、セカンドオピニオンとは、
「第2の意見。情報を集めた上で、主治医の説明に納得できない場
合、あるいは判断に迷う場合は、同じ科の専門医の診断を求めるこ
と」です。私が勤めていた病院も小児専門病院でしたので、「最初
に受診した病院で○○と言われたけど、やっぱり専門の所で見ても
らいたい、意見を聞きたい」と受診される患者さんもいました。も
ちろん逆もありましたが・・・・・
 同じ病気でも医師により治療方針が違ったり、使う薬が違ったり
しますし、もちろんお互い人間なので、相性が合わないということ
もあるでしょう。患者さんから「他の病院に行ってみたいけど先生
に言い出しにくくって・・・・」「先生の前だと馬鹿だと思われそ
うで聞きたいことが聞けなくなる・・・・」など相談されたことも
ありますが、今ではセカンドオピニオンを求めるのはごく普通のこ
となので、医師は紹介状をきちんと書いてくれるはずですし、遠慮
せずわからないことはなんでも聞いたり、意見を言って良いと思い
ます。もちろん理解しようという努力はお互い必要だと思いますが、
病気も医師と患者の信頼関係がしっかりできて治っていくものだと
思うので、本当に信頼できる医師に出会っていけると良いですよね。

 参考になりましたでしょうか?また何か思い出したら、紹介して
みたいと思います。その時をお楽しみに!