赤ちゃんの食事    



                   離乳食をパクパク、もぐもぐと何でもよく食べていたわが子が、ある日突然
                口からベーっと食べ物を出してきたことありませんか?
                 一歳児のころに、よく見られる姿です。食べなれた物へのこだわりと、自我の
                芽生えからくる行動のひとつです。子供の成長の証でもあります。また、体調
                や気分によって、食欲も左右されムラが目立ちます。「どうせ作っても食べてく
                れない」とあきらめるのではなく、「おいしいよ」「食べてみる?」などと子どもの
                気持ちを聞くことが大切です。
                 食事はがんばって食べるものではなく、自分から食べることがうれしくて、満
                足感が得られるものです。偏食と思わない、無理に与えない待つ気持ちが、や
                がて自分から食べようとする芽生えを引き出します。


                 ちなみに、3歳未満の消化機能が未発達な子どもに、刺身や生ものをあげる
                のも問題です。けっこうお店などで見ますよね。これは消化不良、食中毒の原
                因となります。食卓に載っていれば子どもも欲しがります。生ものは消化機能
                がしっかりできてから・・・・それまでは親も我慢です。我が家も「お刺身食べた
                ーい」「お寿司食べたーい」と叫んでいた時期がありました。食事は生活の基本
                のひとつです。楽しくすごして、健やかに成長していきましょう。