入れたり出したり
 握る・つまむ・押す・引っぱるなどの行為は、指先や
手・手首・肘などの微細な機能練習の遊びと、目と手の
供応動作によって、統合感覚の働きを促します。
 五感、特に視覚・聴覚をたくさん使うこと、経験する
ことで、しなやかな身体と器用な子どもに育っていきます。
ミルク缶で作る
@ 不用になったミルク缶を利用します。

A そのミルク缶に合わせて布をカットし、
  筒状に縫います。上の部分は、口の
  ところにゴムを入れて、入り口を作って
  出来上がりです。 
完成はこんな感じになります。
 他にも、いらないタッパー
などのふたを切り抜いてもで
きます。こちらのが簡単です。
 そして、チェーンと牛乳瓶や
ヨーグルトのふたなどに布をつ
けてあげた物も用意してあげま
す。最近は瓶の物が少ないので、
画用紙などで作るのも良いかも
しれません。
 どうですか?意外に簡単に、
できるかと思います。
ぜひ作って、いっしょに遊んで
みてください。