ハミガキをはじめよう
自分でみがく練習 :まず @歯ブラシをかまないこと。
             A同じ歯の上を繰り返し、みがくこと。
             ここから始めてみましょう。

それが出来るようになったら、

1、「イー」(前歯を噛み合わせた状態)で、前歯の外側をゴシゴシ。
  ※ポイント :動きは大きくても、元気にゴシゴシみがきます。
         同じ範囲を往復できるように

2、「アーン」(口を大きく開けた状態)で下の奥歯をゴシゴシ。
  ※ポイント :奥歯2本の溝をゴシゴシみがきます。歯列に合わせて
         まっすぐ歯ブラシを動かせるように。

3、「アーン」(口を大きく開けた状態)で上の奥歯をゴシゴシ。
  ※ポイント :下より難しいところです。ゆっくり動かして練習しましょう。

4、「イー」(前歯を噛み合わせた状態)で奥歯の外側をゴシゴシ。
  ※ポイント :前歯と同じ要領で。

 乳幼児時期は、健康に生きていくための基本的な習慣を、身に付ける
大切な時期です。良い習慣を身に付けることが、結果的にはむし歯予防
につながります。歯が自分でみがけるようになって安心していませんか?
永久歯が生えそろう12歳ごろまでは、仕上げみがきをし続けて、むし歯
を予防していきましょう。


 むし歯になりやすい場所は、歯の生えている状態や年齢とともに変化し
ます。下の表を仕上げみがきの参考にしてください。
0〜2歳 :歯と歯肉の境目(特に上の前歯は早い時期にむし歯になりやすい)
2〜3歳 :奥歯のかむ面(咬合面)の溝・前歯の歯と歯の間。
       (特に生えてきたばかりが一番むし歯になりやすい)
3〜5歳 :奥歯の溝・奥歯の歯と歯の間
6〜   :生えたての永久歯
 ハミガキを一人で始めるようになると、むし歯が目立ってきます。
むし歯予防の目標は、「早くみつけて早めに治す」では無く、あく
まで「むし歯をつくらないこと」です。がんばってください。