松風焼き

レシピ2018年05月30日

材料

鶏ひき肉 200g
1個
たまねぎ 70g
にんじん 30g
パン粉 15g
味噌 15g
みりん 5g
砂糖 4g
白ごま 適量

作り方

①たまねぎ、にんじんをみじん切りにする

②玉ねぎをフライパンで炒め、冷ましておく

③ボウルに白ごま以外の材料(鶏ひき肉、卵、たまねぎ、 にんじん、パン粉、味噌、みりん、砂糖)をいれ、よく混ぜる

④③を型取り、上に白ごまを振りオーブンまたはフライパンで焼く(オーブン180度、15~20分)

松風とは??

松風焼きの「松風」は能の「松風」というお話に由来するといわれています。
昔、在原行平(ありはらのゆきひら)という男性が松風という娘と須磨の浦(すまのうら)という場所で恋に落ちました。
ところが行平は都に帰らなければならなくなりました。
松風は行平がもう帰ってはこないと知りながら、須磨の浦の浜辺で一本の松の木を行平だと自分に言い聞かせおどり続けました
この様子を 「松風(待つ風)ばかりで浦さびし」と表現しました。 一方、この料理ですが、表面は胡麻やけしのみなどが付いていてにぎやかなのに裏には何もありません。
そこから裏(浦)がさびしい=「松風」と命名されたそうです。