病気のときの食事
 少々便がゆるく回数が多くても、機嫌がよく食欲もあるようなら、
食事はいつものままでOKですが、熱があったり、機嫌が悪かった
り、1日に何度も水様便がでるようなら、日頃の食事より一段階落
とした食事にしましょう。例えば、中期食は初期食にし、一回の食
事量を少なめにしましょう。食事が摂れていれば、水分は麦茶か
白湯などで十分です。食事も摂れず、下痢、嘔吐が続いたときは、
水分の吸収が早い子供用のアルカリイオン飲料を飲ませましょう。
牛乳、乳製品(ヨーグルト・チーズ等)、油料理(揚げ物・炒め物等)、
柑橘系果物(みかん等)は避け、消化の良いうどん、おかゆ、りんご、
大根、人参等を食べましょう。少し回復してきたら、白身魚の煮付
け、湯豆腐等のたんぱく源を入れていきましょう。

下痢のとき・・・
熱のあるとき・・・
 熱があっても、食欲があり下痢をしていなければ、いつもの食事
でOKですが、熱が高く、食欲も無い時は、消化器の働きも衰えま
すから、食べさせることにより、水分の補給を心がけましょう。湯
冷まし、果汁、スープ、子供用のアルカリイオン飲料等です。下痢
をしていなければ、シャーベットやアイスクリームも良いです。
口内炎のとき・・・
 炎症のため口の中が痛むので、形のあるものや、しみるものを嫌
がります。なるべく液体に近く、薄味で刺激の無いものを与えましょ
う。栄養が不足すると治りにくいので、少しでも栄養価の高い豆腐、
たまご、魚などを摂りましょう。

病気のときに良い食品・避けたい食品
  下痢 便秘 かぜ のど痛 発熱 嘔吐 口内炎 歯痛
牛乳 ×       ×    
ヨーグルト ×       ×    
たまご       
豆腐    
りんご        
みかん ×       × ×  
なし・すいか ×          
じゃがいも            
さつまいも ×            
ごぼう・たけのこなど ×         × ×
人参       ×    
大根            
納豆・煮豆 ×       × ×  
油脂(揚げ物・ドレッシング) ×   × ×   × ×  
ラーメン ×         × ×  
うどん            
スナック菓子・菓子 ×         × × ×
炭酸飲料 ×         × × ×
※ 良い食品→○ 避けたい食品→× 症状による→無印