2才児の特徴〜清潔〜
 小さい赤ちゃんの時代は、保護者と保育士が連携を組んで、子ども一人一人の
心身の健康と安全を守り、感染症などを含むさまざまな病気を予防していました
が、2才児としてはさまざまな生活様式の習慣化への道筋と、同様に今までやっ
てもらっていた事を、子どもたちのできるところから、ひとつひとつ受け継ぐ段
階にたどりついた時期です。ひとりひとりの子どもの技術レベル、理解力、集中
力に応じて子ども自らが、自分の体を守ること清潔感覚を具体化していくことを、
身につけるスタートラインに立った時期と考えて見ましょう。


鼻かみ・・・・鼻が出たことに自分で気づく→自分でかむ。

手洗い・・・・トイレの後、食事の前には手を洗う。拳、甲、指の間を洗うと同様
       に拭いて、水分を吸い取る。

うがい・・・・食後のうがい(ぶくぶく)を3才になった子より始めています。

洗顔・・・・・毎朝、洗顔するように心がけましょう。

衣服の調節・・基本的には気温の変化と体調により、対応していきましょう。なる
       べく薄着の習慣はつけていきたいですね。

髪の手入れ・・特に女児は、七五三をむかえる年齢でもありますが、長い髪が首や
       額に張り付かないようにしっかりと結んでください。