2歳児の特徴
 2才児の初期のころは、まだまだ身体的にも手の器用さからいっても、
アンバランスな子どもたちでしたが、一人一人を見ているとそれぞれ成
長したなと感じる今日この頃ですね。
 
 あそびと一言で言ってもいろいろな種類があります。室内あそび、料
理・世話あそび、構造・構成あそび、机上あそび、課題あそび、テーマ
あそび、わらべうた・文学、体育的あそび、戸外あそび・・・・ひとつ
ひとつの細かい内容は省略しますが、それぞれに目的や意義があります。
今日は散歩についてお話したいと思います。
 散歩に出て自然の中であそぶことはもちろんですが、地形を利用して
体育的課題を取り入れたり社会的ルールを修得したりと、目的を持って
出かけています。距離は2才は2キロ、3才は3キロと言われています。
もちろん片道1.5キロというわけではありません。行ってあそんで帰
って3キロという目安です。そして何より考えるのは安全面です。
交通
ルールを子どもたちに伝えながら歩くようにしましょう。
保育園では最
近自然と子ども同士で「白い線の中を歩くんだよ」と知らせあう姿が見
られてきてます。子どもが自分で安全に気をつけられるよう、
家庭でも
意識して知らせるようにしてみましょう。